脳を使って脳機能を高めよう|認知症は予防で無くせる

タブレットを見る

おすすめ記事

認知症の予防方法

認知症は大事な記憶やこれまで培ってきた人格までも壊してしまいます。認知症になる原因は様々で、中でも脳の萎縮で起こるアルツハイマー型認知症の患者数は非常に多くなると見込まれています。これからの日本は高齢化社会にまっしぐらで、なるべく一人一人が認知症にならないよう努力する必要があります。認知症は予防ができると言われ、その方法として生活習慣があると言われています。例えば脳機能を維持するのに重要なビタミンやカロチンなどを多く含んでいる野菜を多く食べていたり、最適な運動を行なっていたり、脳を多く使う事を日々していたりなどがあります。これらは全て脳が機能するために必要なことで、なるべく常に活性化させておくことが重要になります。

認知症を引き起こすと記憶力や認知力が大きく失われてしまいます。記憶や認知といった人間が普段何気なく行なっていることは実は非常に高度な行動であり、まだまだ神秘に包まれているところがあります。日々の記憶のトレースを行なうことで記憶力や認知力といった機能を活性化させることが出来ると言われており、例えば昨日の食事内容を思い出したり、家計簿をつけるときにレシートを見ないで行なうなどがあります。脳は使えば使うほど機能していくと言われており、なるべく使うという動作が重要になってきます。記憶のトレースを行なうことは脳の機能を維持することに繋がり、結果として認知症を予防することが期待出来ます。