脳を使って脳機能を高めよう|認知症は予防で無くせる

手を繋ぐ

生活の困難さ

認知症の予防には青魚が効果的

認知症になると数分前の事を思い出す事ができなくなり、一人で生活する事が困難になるため、症状がすすむ前に予防する事が大切です。認知症の予防には食事内容で進行を遅らせる事ができ、野菜や果物などのビタミンの豊富な食材を食べる事が大切です。 魚を食べる事も良く魚の中でも、青魚の中に含まれているDHAが認知症の予防に効果が高いため青魚を食べると良いです。また赤ワインの中に含まれているポリフェノールを摂取する事で認知症の予防に繋がるため、お酒が好きな人は赤ワインを飲む事が重要です。運動する事で頭の血行が良くなるため、運動する事が効果的で毎日続ける事が大切です。運動は激しい運動は必要なく、ウォーキング程度の軽い運動をする事が重要です。

読書をして脳を活性化させると良い

脳は人と会話をする事で活性化されるため、多くの人と会話を楽しむようにする事が大切で、家族がいる場合は食事の時間に会話を増やす事が大切です。一人暮らしをしている場合は、サークルなどの活動に参加する事によって自然と人との関わりが増えるため会話をする事ができます。 読書をする事でも脳が刺激を受けるため認知症の予防になり、読書をした感想を書く事は予防に効果的です。若い人も認知症になるケースが増えていますが、若い人はゲームをする事で予防に繋がるためゲームをして楽しむ事が重要です。良い睡眠をとる事で頭を効率良く休める事ができるため、規則正しい生活をする事を心がけると良いです。昼寝をする事で脳を効率的に休める事ができるので、少しの時間でも良いため昼寝をすると良いです。