脳を使って脳機能を高めよう|認知症は予防で無くせる

手を繋ぐ

高齢者について

認知症はメモする事で予防になる

高齢者が多くなっているため認知症になる人も多くなっており、これからも認知症になる人が増えると予想されています。そのため認知症を予防する事が大切で予防する事で進行を遅らせる事ができるため、多くの人が実践しています。認知症の予防に効果がある事を紹介しますので、症状がある人は実践する事が大切です。 予防に最も効果がある事は生活の出来事をノートなどに書く事で、日々の生活で感じた事をメモする事です。人間はノートなどに書く行為によって頭が活性化されて記憶に残る仕組みになっており、日記を書く事で認知症の予防をする事が可能です。また紙に自分の字で書く事によって忘れた時も自分で書いた文字を見る事によって、思い出す事が多くなり有意義です。

テレビを見る時間は決めておく事が大切

自分が若い頃の写真を見る事も効果的で、自分の若い頃を見る事によって思い出がよみがえり頭の活性化に繋がります。写真にはどういった場面で写された写真かメモしておく事で、その場面が思い出されるため写真の状況がわかるようにしておく事が大切です。 また好きな音楽を聴く事で脳が刺激を受けて認知症の予防に繋がるため、昔好きでよく聞いていた曲を毎日聴く事が重要です。家族と同居して暮らしている場合は家族と会話を増やす事で、脳が活性化されるため認知症の予防になります。テレビを一日中見る事で何も考えない脳になってしまうため、テレビを見る時間は決めておく事が大切です。若い人でも認知症になる事も多いため、若い頃より予防をする事で認知症を防ぐ事が可能です。